このウェビナーについて

昨今、物流会社においても働き方改革や運送原価の上昇などを背景に、DXによる競争力強化が急務となっています。そこで本ウェビナーでは、DXの手段の一つであるAIを活用した最新事例をご紹介します。

AIはただ導入すれば良いというものではありません。富士通クラウドテクノロジーズでは人間とAIが協調してバディのような関係となるようAI・システム開発を行なっています。
第一部では、フォークリフトの不安全行動をAIが検知・フィードバックすることで安全意識を醸成するサービス「安全荷役AI フォークバディ」を中心に人間とAIが協調するシステム導入についてお話しします。

第二部では、船井総研ロジの齊藤氏よりAIを使ってどのようにして生産性を高めるのか、AIを効果的に用いるために必要な「データドリブン経営」とは何かについてお話しします。
AI・データ活用において悩んでいることなどありましたら、この機会にぜひご質問ください。

【こんな方におすすめです】
・物流会社のAI活用事例を知りたい方
・業務改善やAI推進のヒントを得たい方

開催概要

日時
2022年1月20日(木) 13:30~14:30
参加費 無料
対象者
  • 業種
    - 運送/倉庫/3PL
    - 流通業(荷主)
  • 役職・業務
    - 経営者
    - 倉庫/工場管理者
プログラム概要
  • 第一部「AIと人間が協調して働く方法論」
    超少子高齢化の影響などにより現場作業員の人手不足や育成が課題となっています。本講座ではこれら課題解決にAIを活用した事例・サービスをご紹介します。AIが人の仕事を奪うのではなく、人の仕事の価値を最大化するようにサポートする。AIと人が協調してバディのような関係となる考え方を詳しくお話しします。
    【ポイント】
    (1)フォークリフトの不安全行動をAIが検知・フィードバックすることで安全意識を醸成
    (2)製品梱包段ボール破損を作業員が判断しやすいようAIが類似画像をレコメンド
  • 第二部「物流会社のAI活用最新事例大公開」
    働き方改革や運送原価の上昇などを背景に、DXによる生産性向上は急務となっています。本講座では、そのDXの手段の一つ、AIについて取り上げます。
    どうすれば、AIを使って自社の生産性を高められるのか、他企業はどのような取り組みをしているのか。そして、AIを効果的に用いるために必要な、「データドリブン経営」とは何か。明日からAI活用企業になるために必要な内容を、詳しくお話しします。
    【ポイント】
    (1)中小運送会社におけるAI活用事例
    ・AI物量予測で人員の過不足を解消
    ・AIドライブレコーダーでヒヤリハットを検知し事故抑制
    ・AI-OCRで手書き文字を自動データ化し、業務効率化
    (2)AIを活かす「データドリブン経営」とは
登壇者
  • 【第一部】
  • 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
  •    ディレクター 佐藤 拓己
      
  • 【第二部】
    船井総研ロジ株式会社
     DX推進チーム チームリーダー 齊藤 史織氏
主催 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
共催 船井総研ロジ株式会社
開催形式 ウェビナー
※Zoomを利用したオンラインセミナーとなります

講師のご紹介

【第一部 講師プロフィール】
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
ディレクター 佐藤 拓己

主に、物流業・建設業の領域に向けたプロジェクトにデータディレクターとして関与している。お客様の事業や課題を理解し、お客様にフィットしたプロジェクト推進を目指す。
【第二部 講師プロフィール】
船井総研ロジ株式会社
DX推進チーム チームリーダー齊藤 史織 氏

運送・物流会社を専門に、生産性向上や業績アップを目的としたDX・AI活用コンサルティングを行っている。企業規模や課題・目的に合わせた最適なデジタルシフトの提案や、デジタルツールの導入支援を得意としている。

ご参加について

参加費用は無料です。ただしご参加は事前申込制となっております。
おひとり様1回ずつお申し込みください。

 お申し込み方法

フォームにご入力・送信いただきますとお申し込み完了となります。
本セミナーはZoomを使ったウェビナー形式となります。お申し込み後、閲覧方法を記載したメールをお送りいたしますのでご確認ください。
 
※ご入力いただくメールアドレス宛に、弊社からの最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的についてをお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。
※本ウェビナー申込ページにて取得した個人情報は、共催企業である船井総研ロジ株式会社と共有いたします。
(船井総研ロジ株式会社 個人情報保護ポリシーはこちら) 

入力フォーム