この資料について

※本資料は、AI開発事例のメディア掲載記事をebookにしたものです。
ハミガキやハブラシ、石鹸、洗剤などで知られるライオンが、スマートフォン(以降スマホ)で舌の画像を撮影するだけで口臭のリスクを見える化できるアプリを開発している。
富士通クラウドテクノロジーズのIoT デザインセンターの協力により、舌の画像解析にAI を活用し、専用の機械を用いずに、いつでも手軽にチェックできることがポイントだ。今後、接客業や営業職向けのB2B サービスを展開していく予定であり、さらに幅広くヘルスケア分野でのサービス展開を検討しているという。担当者にプロジェクトを成功に導くカギを聞いた。(本文より抜粋)

[目次]
・接客業の方に笑顔を提供する「口臭ケアサポートアプリ」
・顧客への体験価値の提供を具現化するために生まれたイノベーションラボ
・出会いのきっかけはIoT デザインセンター主催「データサイエンス基礎講座」
・AI活用は目的ではなく手段 ~サービス価値向上のためのAI 活用へ~
・「 安心」「楽しそう」何気ない仕草や心配りがプロジェクトを成功に導く!?

(掲載・記事提供元:CNET Japan) 

ダウンロード方法

フォームにご入力・送信いただきますと、ダウンロードページが表示されます。
※ご入力頂いたメールアドレス宛に、最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的についてをお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。

入力フォーム